アパートの一棟買いなら投資のリスクが低くなる

積木

オーナー向けのサービス

アパート

マンションのオーナーにとって、住民が暮らしやすい快適なマンションにすることは、空き室リスク軽減に繋がるので大切なことです。一括借り上げなら不動産会社がマンション管理をしてくれて、一定の家賃も保証されます。

マンションを経営する場合

マンション

新しく建物を建ててマンション経営を始める時には、土地選びが重要となります。地震や水害などといった自然災害に強い土地を吟味して選ぶと良いでしょう。また多くの学校がある学生街を選ぶと、学生による入居者の希望が増え、安定した家賃収益が期待できます。

初心者でも始めやすい

男女

投資用マンションは多くの不動産会社が提供しており、誰でも不動産投資が始めやすいようにさまざまなプランが用意されています。投資用のマンションなら資産的な価値も高いため、有利に投資が行えるようになっています。

一棟を購入する

女性

空室リスクをカバー

マンション経営の話はよく聞きますが、もっとも効率的な投資は、一棟買いです。複数の建物で複数の部屋を購入して賃貸することもありますが、同じ初期投資をかけるなら、一棟買いの方がメリットがあります。マンション経営のリスクは何と言っても空室が生じた場合の対策ですが、一棟買いの場合であれば、リスクが軽減されます。マンション全体を購入するわけですから、どこかで空室が生じることはやむを得ませんが、空室が発生する確率はマンション全体を所有していても、1室だけ所有していても同じです。大切なのは、1室だけだと賃貸収入はゼロになってしまうのに対して、一棟買いであれば、1室の収入がゼロになっても全体の収入でカバーすることができるということです。

すべてを自分で決める

さらに、マンションを丸ごと所有することのメリットにも大きなものがあります。1室だけの所有では区分所有者の一人にすぎませんので、管理組合の中でも強い立場になることはできません。仮に大規模修繕の話が出た場合でも、全体の中で意見を言うしかありません。しかし、一棟買いであれば、全てが自己所有ですから大規模改修に対する意見も、自分だけで決めることができます。自分がすべてを決めることができるというのはリスクのようにも感じられますが、実際にはプロの管理会社と相談して決めていきますので何の問題もありません。資金的には大きなお金を動かすことになりますが、その分だけ家賃収入も大きくなりますし、経営もやりやすくなります。

Copyright © 2017 アパートの一棟買いなら投資のリスクが低くなる All Rights Reserved.